TORIKUMIX

トリクミックス

​川津食品 PRESENTS

​ABOUT YUZU

​宮崎県西米良村「天空の柚子」との取り組み

日本の風習【冬至の柚子湯】

​宮崎県西米良村の柚子農家さんと共に

柚子をお届けする取り組みを始めました。

=====TORIKUMIX=====

​     トリクミックス

【標高400メートルの柚子】

先祖代々受け継がれた土地で 農業の近代化が

進む中 時代に逆行した手作業で地形を活かした

農法に取り組んでおります。

 

宮崎県西米良村で柚子栽培が始まったのは

今から約50年程前。

5月に白い花を付け 6月頃には膨らみ始めた果実が

見られるようになります。

8月中旬ごろから青柚子の収穫を始め

10月下旬ごろから​黄色くなり始める柚子を収穫します。

​柚子とは

柚子の果皮・果汁は調味料としてお料理やドリンクに

使われる事が多く 日本ではなじみのある柑橘類です。

ここ九州では柚子胡椒をはじめとする柚子加工品が多く

生活に密着した果実といっても過言ではありません。

日本としても歴史は古く

​俳句業界では秋の季語として用いられ

柚子湯は冬の季語として用いられます。​​

また 風邪予防や疲労回復 肌荒れなどに

効果があるビタミンCや

整腸作用のあるペクチンなど

豊富な栄養素が多く含まれていることでも有名です。​

​冬至の柚子湯

江戸時代からの風習である冬至の柚子湯。

冬至とは 太陽の力が一番弱まった日であり

この日を境に再びチカラが甦り 運気が上昇

するとされています。

 

柚子湯に入れば風邪を引かないと言われており
旬を迎えた柚子は香りも強く

強い香りのもとには邪気がおこらないという考えから 運を呼び込む前の厄払いのみそぎだと言われています。

 

また 長い年月をかけて育つ柚子の様に
長年の苦労が実る様にと願いも込められています。

​こだわりの天空柚子

標高400メートルの柚子園では

寒暖の差が激しくなる秋から冬にかけて

表面はデコボコですが 黄色い柚子が

色鮮やかに山肌を染めていきます。

 

太陽の恵みを存分に浴び 

大切に育てられた柚子。

手塩にかけて育てられた柚子だからこそ

収穫はひとつ一つ手作業で行います。

凛とした空気と太陽に近いこの土地で

香り高い柚子が栽培されています。